スポンサーリンク

僕が皮膚科に通いたくない理由。先生は僕を治療する気がなかった。

肌荒れ

肌弱大将ゼロガ丸です。

 

僕は生まれつき皮ふが弱く、アトピー性皮膚炎もあるので、とても肌が荒れやすいです。

 

肌荒れを改善して、健康的な強い身体を手に入れたい。

 

そのために僕は今、生活習慣の改善に励んでいます。

 

ですが、僕は皮膚科へはあまり通いたくありません。

 

最大の理由は皮膚科医への不信です。

 

この記事では、僕が皮膚科医に不信感を抱くようになったきっかけとなった出来事について書きました。

 

僕は地元の皮膚科クリニックに10年以上鴨られていた。

 



毎回処方されるステロイド軟膏

 

幼いころから僕は地元の皮膚科クリニックに通っていました。

 

気のやさしそうなおじいさんの先生が、毎回診てくれていました。

 

先生はいつも簡単な問診をして、決まった塗り薬を処方します。

 

ステロイド軟膏です。

 

そして、毎日塗るようにと先生は言います。

 

僕は先生を信じて、ステロイドを塗っていました。

 

確かに、手荒れが酷い時にステロイドを塗ると、次の日には大体収まります。

 

しかし、ちょっとしたことですぐに手が荒れて、荒れたらステロイドを塗る。

 

その繰り返しで、皮膚炎が治ることはありません。

 

肌が弱いのは生まれつきで、肌荒れとは一生付き合っていかなければならないという諦めも自分の中にはありました。

 

なので、深くは考えなかった。

 

考えると嫌になるから。

 

ステロイドの副作用

 

社会人になってからも僕は同じ皮膚科に通っていました。

 

ですが、ある日「ステロイドは逆効果だ。」という情報を耳にします。

 

気になって調べてみると、どうやらステロイド軟膏は炎症を「抑える薬」であって、「治す薬」ではないとわかりました。

しかも、副作用もある。

 

副作用の中には「皮膚がうすくなり、弱くなる」といったものもあります。

 

〈参考〉

 

え?

そんな話一切聞いてない。

 

生まれつき皮ふが弱いアトピー性皮膚炎患者に、そんな大事な説明をしないわけ?

 

しかも以前、医療関係の知人から、皮膚科や歯科は単価が安いから、

患者をつなぎとめようとするクリニックもあるという話を聞いたことがありました。

 

思い当たりすぎる、、、

この時点で先生への信用はかなり揺らいでいました。

 

先生は僕を治療する気がない

 

先生への不信感は強まっていましたが、肌は荒れているので仕方なくクリニックに向かいました。

 

今回もいつものようにステロイドが処方される。

 

この時、僕は質問をしてみました。

「塗り薬だけじゃなくて、食事とかも気を付けた方がいいですかね?」

 

先生の回答に僕は驚愕しました。

「いや。別に大丈夫だよ。」

 

いやいやいやいや。

そんなわけないじゃん。

 

食事が皮膚炎に影響しないわけないじゃん。

 

アレルギー食材とかあるし。

アトピー性皮膚炎に関して調べると、どの病院でも食事には気を付けようって書いてあるし。

 

〈参考〉

 

この時、この先生は僕の皮膚炎を治す気がないということがはっきりしました。

 

むしろ完治されたら困るんでしょうね。

だから副作用の説明もろくにせず、好きなものを食わせて、クリニックに通わせ続ける。

 

先生にとって僕はクリニックの収入源の一つでしかなかったのです。

 

その日を境に、僕はその皮膚科への通院、ステロイド軟膏の使用をやめました。

 

そして、皮膚科医に対する信頼も地に落ちました。

 

ステロイドの使用をやめた結果

 

その日から僕はステロイド軟膏の使用もやめましたが、特に悪化はしていません。

 

よくなったわけではないですが、悪化もしていないので、ホントいままでの通院はなんだったんだ、、、と思わざるをえません。

 

ただし、ステロイド軟膏の使用中止により反動がある場合もあるようなので、

自己判断で中止することはお勧めしません。

 



おわりに

 

いい先生もいる。

それはわかっています。

 

ですが、幼いころから10年以上通っていた、気のやさしそうなおじいさん先生に鴨られ続けていた衝撃は忘れられません。

 

なので、今は皮膚科に通うことなく、シンプルに体によさそうなことを実践しようとおもっています。

 

もちろん、僕も絶対に皮膚科に行きたくないわけではありません。

 

あくまでも現時点で僕は、皮膚科にあまり通いたくないのであって、

やっぱり自分だけじゃどうしようもないなと感じたら、たぶん皮膚科に行きます。

 

そこは柔軟に試行錯誤して、結果を報告していきたいと思っています。

 

それでは最後までお読みいただきありがとうございました。

【合わせて読みたい】

コメント